FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二話

やって参りました!第二話です!(何

どーもSHINです!(勢いで「どーも霊朱です」って打ってた><;)


さきほど、ばあちゃんに、冷えたコンポタージュ(缶入り)をもらいました

せめて人肌!せめて人肌並のぬくもりを!!

そして、う○こトイレに行こうと思い

用をたしたその直後

紙がない…

いや、それ以前に

なんてベタな…

幸い母が家にいたので、

大声で、「母さん~!紙がない~!!」

と言ったら

「知らん~」

ちょwwwwwまwww

俺「知らんちゃうし!(笑)はよぉ!!」

母「母さんなぁ!今耳聞こえんねん~!

そんなこと今時の小学生も言わねぇぞババァこの野郎…!

俺「か~み~を~く~れ~ぇ~

母「う~る~さ~い~ぃ~


あの野郎、俺と同じ状況になった時は絶対助けてやんねぇからな

しばらくすると、

母「ちょっとお店の様子見てくるわぁ

しめた!今なら!

いやまて、そこで貴様が紙を置いていってくれればいい話じゃないか!?

取り敢えず母がいなくなったので、

絶対人に見せれないような状態で自分の部屋に行き、ティッシュを入手!!!

サスケと花の目が痛い…

サスケにいたっては「え…?」って顔してた…

なんとかミッションコンプリートし、自分の部屋に戻り、今に至るというわけです





飼い主としての威厳がああああああ!!!!


(゚∀゚)ノシ(゚∀゚)ノシ( д)  ゚゚
スポンサーサイト
コメント
霊兄のおばか〜><(笑


あぁ〜ぁ、花とサスケに最悪なところをみられちゃったね〈蹴
猫たんに意外な所を見られるのは痛いよね〜
自分なんか全身黒尽くめの服を着て出かけるところを近所のたくさんの猫たちが(ry

メイポ 一様時たまINしてやってるよ~
呼ばれればすぐにいくよ〜 まだ携帯持ってないけd
「人間としての威厳も失った」
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

▼トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。