FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十話


とうとう十話になりました!って言うほどめでたくもない数字ですがこれからもよろしくです(ぁ

どーもSHINです



今日は待ちに待った卒業式!

知っとる卒業生は片手だけで数えれるほどやけど

そしてなんだこの腹痛

幸先悪りぃなとバスに乗り込むっ


乗り込んだ瞬間にふと思い出す

あの運転手さんじゃないかな ちゃうかな wktk


まぁ普通に違ったみたいですけどね(何

しかし、今日も見せてくれました運転手クオリティ!


八時です〜八時です〜 お降りの方はお近くのボタンをry

携帯を見る → AM9:12

俺「9時じゃーんwwwwww

と、脳内ツッコミをし

ふとバス停の名前を見ると

安志(あんじ)

安志 → 八時

俺の耳がおかしくなってきてることを実感した17の朝

老化現象!老化現象!(?


で、卒業式なんですが

まぁ普通の卒業式の流れがあって、ところどころ普通じゃない流れもあって(ぇ

で、ぶっちゃけ卒業式に行く=踊りに行く的な考えであったはずの俺が

先生やメンバーに流されまくって、手話隊とゆうものに加入させられちゃいまして

どこで流されたかは何となくわかるんですよ!


メンバーの兄「ねぇねぇ、今度さ、卒業式の時に校歌を手話で歌うってやつがあるんだけど、SHIN君も参加しない?」

俺「ほ〜ぅ そんなんがあるんやねぇ まぁ考えとくわ〜」

メンバーの兄「そっか 明日の昼から練習があるから見にくるだけでも見にきてね〜」

俺「は〜い 行けたら行ってみます〜」


で、結局行かなかったんやけどね?


そして、毎週一回ある練習が終わった時に

メンバー♀「あ、SHIN君 KIKUちゃん(メンバーの兄)から聞いた? 手話の話」

俺「あ、はい 聞きましたね〜」

メンバー♀「明後日の夕方からまた練習あるから来てよ〜w」

俺「あ、はい わかりました


何も言うな


で、いまいち時間とかも把握してなかったから

「あぁ、連絡先わからんしな 時間帯がわかりませんでしたってことで行かんとこうか」

等と考えているときに

メンバーのKからのメール

K「メンバー♀が明日の3時からやから来てな〜って連絡しといてって言われたぞ」

逃げ場がっΣ('□` )

で、行っちゃったわけですが

手話じたいは割りと簡単やけど、

途中で誰かが「常に笑顔で」とか呟いたのが引っかかって引っかかって

まぁ参加するわけでもないし 適当に見て帰ろうとか思ってたら

いきなりK先生到来☆

K先生が来るなり俺に向かって

よ〜うw頑張っとるか!?卒業式はすぐそこやからSHINもはよ覚えろよww


おまっ


常にK先生のテンションと強いプッシュに押され、やめるにやめれなくなって本番(ぉ

取り敢えずなんとか成功しましたぁ><;


で、ここからまたダラダラ長いこと喋るんもアレなんで

続きは明日UPします!

お楽しみに!


(゚∀゚)ノシ(゚∀゚)ノシ( д)  ゚゚


続きはバトン ケッ
コメント

見てしもうた・・(、?`
今からやってきます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

▼トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。